アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件を選ぶ際には子供の将来を考えて、学校や幼稚園や保育園が近くにある物件を選ぶことが大切です。

アメリカの賃貸物件事情について

子供のことを考えて賃貸物件の立地条件を決める

賃貸物件に一人で住む場合は、自分の勤務先や学校の近くに家を借りたり、駅から近い物件を借りるなど自由に決められます。しかし、家族がいる場合はそれぞれの意向を踏まえて立地条件を決めることになります。特に子供の意向を重要視して決めることが大切です。

通学に時間がかかる場合は、親としても登校や下校時にトラブルに巻き込まれないか心配になります。それを懸念して送迎をするにも限界があるので、必ず徒歩10分圏内に小学校がある地域を選びます。都心部であればそれほどこだわらなくても、どこに住んでも近くに小学校があることがほとんどであるので、郊外に住む場合においてのみ注意します。小学校に上がるまでにも幼稚園や保育園が近くにある物件を選びます。送迎をすることになるので、車で10分圏内を選びます。妻が送迎をする場合は車の免許を持っていないこともあるので、その場合は自転車で10分程度の範囲内の物件を選ぶことが大切です。中学校にもなればバス通学も可能ですが、交通費を年で換算するとかなりの出費であるので、自転車で通える範囲にあることが望ましいです。大学などの希望はまだわからないことであるので、考慮する必要はありませんが、理想の将来設計があるのであればある程度考慮することが大切です。

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.