アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件は必ず3日以内で探して、他人に先を越されないようにすることが大切です。また、下見は3件までにします。

アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件の代表的な探し方

賃貸物件をスムーズに探す為には探す上でのポイントを抑えて、期間を決めて行動することが大切です。まず、賃貸物件を探しているのは自分だけではないということを覚えておきましょう。あまりにも時間をかけて探してしまうと、下見で気に入っていた物件を他人に先に契約されることがあります。

適切な期間は三日間であり、これ以上の期間をかけても情報が忘却してしまってまた下見をする必要が出てきます。まずは不動産会社に足を運んで希望に沿う物件をピックアップしてもらいます。事前に電話をしておいて、条件を伝えておくことで来店時までに資料を揃えてもらえます。これが揃っていない場合は良い不動産会社とは言えないので、違う不動産会社に変えることが大切です。資料を見て条件に合っているかを確認します。最初はあまりいい物件を紹介してもらえないことが多いので、他にはないか聞いてみます。あとから良い物件を紹介することで、その物件がより良い物件に見えるように、あえて最初はあまりいいとは言えない物件を紹介します。物件は必ず3件までに絞って下見をします。3件以上の下見は記録を取っていても部屋の雰囲気を思い出すことが難しくなるので、本当に良い物件を選ぶことが出来なくなります。

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.