アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件の立地には細かい点で注意すべきことがあります。小学校の集団登校の道となっていれば騒音問題になります。

アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件の立地で注意すべきポイント

賃貸物件を決めるにあたっては立地条件や物件の品質で決めます。立地条件は駅から徒歩5分圏内であれば駅チカと呼ばれ、非常に家賃が高くなります。駅からどれだけ近いかということを考えすぎて、他の細かい部分を気にせずに契約してしまうと、実際に住み始めてから思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

近くに大学や専門学校があれば騒音問題に巻き込まれる可能性があることはよく知られたことですが、小学校が近くにある場合でもそういったトラブルになる可能性があります。物件の前の道が集団登校の道になっている場合は、早朝から起こされることもあります。自宅で仕事をしている場合や、大学生で昼から授業がある場合に限るので、自分のライフスタイルによっては問題無いこともあります。また、近くに病院が無い土地も注意が必要です。行きつけの病院になりそうな医療機関が近くにない場合には、緊急事態の際にスムーズな行動が出来なくなります。親に助けてもらう時には迷惑をかけることになるので、ライフラインとなる施設は出来るだけ近くにあったほうがいいと言えます。また、近くに繁華街やコンビニがある場合には騒音問題に巻き込まれる可能性があるので、利便性を重視しすぎないことが大切です。

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.