アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件の値引き交渉は4月に行うことで成功確率を上げられます。謙虚に丁寧に行うことが基本です。

アメリカの賃貸物件事情について

安く賃貸物件を契約したい場合は4月が狙い目

賃貸物件は出来るだけ安く借りることで、一年間で見ると非常にお得になります。家賃は1万円も値引きすることはできませんが、2千円程度であれば現実的に可能です。一年間で見ると24000円得をしたことになるので、必ず値引き交渉は行いたいところです。

値引き交渉にはタイミングがあります。1月から3月は多くの人が物件を探しているので、値引き交渉が成功しづらい傾向にあります。値引き交渉をする人物よりも、そのままの家賃で契約してくれる人物が選ばれるので交渉は失敗します。4月に空室であれば1年間は空室が続く可能性が高いので、この月度は必死に入居者探しをします。つまり、家賃交渉がしやすいということです。そして掘り出し物件もあるので、予想外に安い家賃で良い物件を借りられる可能性があります。家賃交渉をする場合は、必ず他の物件と比較して交渉をします。他の物件も気に入ってるが、この物件のこういうところが気に入ったという風に具体的に伝えることで、相手に値引きをする気を起こさせます。ポイントは謙虚に丁寧に交渉することです。横暴な態度で交渉してしまうと契約自体が出来なくなる可能性があります。貸主はトラブルを起こしそうな人物とは契約をしません。

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.