アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件の条件で必要最低限の基準は築15年以内で、駅から徒歩10分程度です。これを下回ると生活に支障が出ます。

アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件で譲れない品質

賃貸物件は好きな物件に住むことは難しく、条件が良ければそれだけ家賃も上がります。予算を低く設定しすぎると、生活に支障をきたすような立地条件や品質の物件しか選べなくなります。予算は高すぎず低すぎず、自分の収入と見合った金額を設定することが大切です。

賃貸物件に住む上で必要な最低限の品質は築20年以内の物件です。築20年を越えるとあらゆる部分で劣化が激しくなり、非常に住みづらくなります。それだけ家賃は低く設定されていますが、いくら家賃が安くても良い暮らしが出来ないのであれば意味が無いので、築10年から15年程度の物件を選ぶことが大切です。立地条件は駅から徒歩15分圏内を選びます。この距離であれば自転車を使用すれば5分程度で駅まで行けます。しかし、通勤の為に駅チカが必要で自転車で駅まで行くのであれば、駐輪場の代金がかかってくるので実質損になる場合があります。その場合は駅から徒歩10分程度の物件を選ぶことが大切です。部屋の設備はユニットバスではなくセパレートタイプが望ましいですが、家賃を節約するのであればユニットバスで我慢することが大切です。ただし、オートロックなどのセキュリティは出来るだけ充実させることが大切です。

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.