アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件は金銭的に買うよりも負担が少なく、メリットが色々とありますから、住む価値はあります。

アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件には金銭的なメリットがあります

賃貸の経済的なメリットというのはいくつもあります。まず、土地と建物の固定資産税、都市計画税、修繕積立金などが発生しない、ということです。分譲マンションであれば、発生するものであり、これが即ち、固定費、ということになります。さらに自分の物件ではないのですから、建物を維持するための費用、メンテナンス費用に対して、責任を負わなくて済むということがあります。つまりは、建物が地震で壊れようが、台風で壁が剥がれ様が、直す義務がない、ということになります。それと当然ではありますが、借りているので家賃は発生するるのですが、多額の住宅ローンの負担はないのです。安心して住むことができます。様々な事情で、土地が値下がりしても自分のものではないので、まったく関係ないことです。つまりは、資産価値が下がっても気にしないでよい、ということです。給料が下がったりしても、安いところに引っ越せばよい、ということもメリットです。

こうしたメリットがありますか。金銭的に賃貸のほうが良い、という人はいくらでもいますから、是非とも考えて見ることです。もちろん、物件を購入する価値もあるのですが、リスクがありますから、よく比較してから決めることです。

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.