アメリカの賃貸物件事情について

都心での住宅問題として、賃貸物件に住むメリットはどのような点があるのかを考えていきたいと思います。

アメリカの賃貸物件事情について

賃貸住宅に住むメリットについて

住居の問題はとても大きな金銭的な問題となってくるので、その人のライフスタイルや収入、家族構成などによっても変わってくるものですが、都心で賃貸物件と分譲物件に住むことでは、様々な点でメリットやデメリットが異なってきます。ここでは、特に賃貸物件に住むメリットはどのような点があるのかを考えてみたいと思います。

まず、転勤や移動の多い仕事をしている人は、必然的に一か所に長く住むことができないので、簡単に引越し手続きのできる賃貸物件に住むほうがお得でしょう。また、賃貸物件であれば契約途中であっても事前通告をすることで金銭的に負担もなく解約することができます。また、分譲物件では、一度購入すればずっと住宅ローンをかかえ、そこにさらに管理費や固定資産税などを払い続ける必要がでてきますが、賃貸物件であれば最低限の家賃と管理費の支払いだけですませることができます。その時の経済状況の変化や家族構成の変化などにも柔軟に対応できるところもメリットと言えるでしょう。賃貸物件は資産とならないから敬遠される考えもあるようですが、分譲マンションであっても、その物件を購入した時点で資産価値は大幅に下がるものなので、一概にメリットであるとは言えないかもしれません。その時の状況をよく吟味して決めることが大切ですね。

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.