アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件を選ぶ際に、候補の住宅が心理的瑕疵物件かどうか気になる方向けに、心理的瑕疵物件について説明いたします。

アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件が心理的瑕疵物件かどうか

借りようとしている賃貸物件が心理的瑕疵物件かどうか気になる方向けに、心理的瑕疵物件について説明いたします。心理的瑕疵物件には明確な定義はなく、一般的には他殺、焼死などのケースで人が亡くなった物件のことを言います。自然死である病死や老衰によるケースは、基本的に心理的瑕疵物件ではありませんが、死後数日ほど経過した後に死体が発見されたケースで心理的瑕疵物件になることもあります。

さて、賃貸物件がこの心理的瑕疵物件に該当するかどうかを調べる方法はあるのでしょうか。賃貸契約を結ぶ前に、不動産会社から重要事項説明という建物の構造や設備や契約の詳細について説明を受ける機会が必ずあり、その中でもし心理的瑕疵物件のような状況があれば、その旨の説明があるはずです。不動産会社には不利な情報を重要事項説明書の中で必ず契約前に伝えなければいけないという告知義務としてその旨を説明しなければなりません。具体的には心理的瑕疵や精神的瑕疵という表現で記載されていることもあります。この告知義務に関しては、人が亡くなった事象があった時点から、借主や所有者が変わる度に告知することまでは課してはいません。

不動産会社によってはわざと自社の社員を一度、次の貸主として契約させ、次の貸主と契約する際には心理的瑕疵については説明しないというケースもあります。心理的瑕疵物件に関しては、インターネットで情報を検索するか、その物件の住民に直接聞くなどの方法しか知る方法はありませんので、十分に確認する必要があります。

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.