アメリカの賃貸物件事情について

短期間での賃貸を探しているのならウィークリーマンション&マンスリーマンションを検討してみてはいかがですか。

アメリカの賃貸物件事情について

短期間での賃貸について

1・2年は住まなくても短期間の賃貸を探しているならウィークリーマンション&マンスリーマンションがオススメです。急な出張・転勤、就職活動などホテルの利用ではチョット…という時でも気軽に決めて気軽にお引越しができます。では具体的に一般物件と何が違うのでしょうは?1つ目は敷金(保証金)・礼金・仲介手数料が不要ということです。一般賃貸物件では契約時の費用として家賃の約6ヶ月分のお金が必要です。しかしウィークリーマンション&マンスリーマンションではその必要がなく、1ヶ月分の家賃で利用することができます。

2つ目は家賃は一般賃貸物件の約1.5?2倍します。初期費用が安いぶん家賃が高めですが短期間の契約であれば高くてもお得です。各企業の契約内容などにもよりますが一般的な条件で比較すると、3ヶ月以内の契約であればマンスリーマンションの方がお得ですよ。

3つ目は期間限定なので住宅問題が起こりにくいことです。一般の賃貸のように長期滞在ではなく短期間で入居者が変わるので、近隣とのトラブルが起こりにくいですしかしモラルはちゃんと守らないといけませんよ。「期間限定だから隣人との関わり合いも少ないので、チョットくらい騒いでも良いか」と考えないようにしましょう。

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.