アメリカの賃貸物件事情について

賃貸で生活スタイルやお子様にどのぐらい重きを置くかで部屋の数が多い3DKを選ぶか2LDKを選ぶかわかれる

アメリカの賃貸物件事情について

賃貸で趣味やお子様にどれぐらい重き多くかで

賃貸でファミリーの場合自分たち夫婦よりどうしてもお子様のことが中心になり、お子様が何人いるか、お子様の部屋が必要な年齢か、お子様が常に目の届く場所にいることができるか等、お部屋を選ぶときの重要なポイントになります。そしてどうしても家族が増える分荷物の問題も出てきますが、そうした点をどうとらえるかにより3DK派や2LDK派に分かれています。そして、今私は夫婦それぞれの部屋を設けず3部屋をリビング、寝室、物置として使っていて、生活をしていて思うのは、3DKいかに無駄なく部屋を有効活用できるかが重要です。

そして、生活スタイルや趣味や子供にどのぐらい重きを置くかにより部屋の数が多い3DKを選ぶか、それとも広い空間を活用できる2LDKを選ぶか意見が分かれていますが、ディンクス世帯やファミリー世帯に関係なくこれと1回決めれば、その部屋の使い方にこだわらず、その時々状況や生活により臨機応変に部屋の用途を変えていくことは大事で、部屋を何が何でも部屋として使うことではなく、空間として考える方が多いです。そして、3DKにしろ2LDKにしろ、何を求めているかにより住み心地は様々で、オプションや自分のこだわりを優先させてから3DKと2LDKを選んでいる方が多いです。

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.