アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件を見つける際には不動産会社に仲介してもらいますが、接客態度に難が見られる場合は違う会社をあたります。

アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件を仲介してもらう不動産会社の選び方

賃貸物件の貸主は入居者募集の広告とは別に、不動産会社に仲介を依頼しています。一つの物件が複数の仲介会社に依頼していることは希です。これは、仲介手数料が発生するので宣伝に力を入れすぎると結果的に損をすることになるからです。

賃貸物件が気に入っても不動産会社の担当者の接客がいまいちの場合もあります。接客態度が悪い担当者であれば、家探しをするのが苦痛になる上に本当に良い物件を紹介してくれているのか不安になります。もし接客態度で不満な部分があれば早々に立ち去って、違う不動産会社に依頼することが大切です。接客態度が悪いということは実際に良い物件を紹介してくれていないことも考えられます。また、入居から退去までお世話になるので、信頼出来ない不動産会社には仲介してもらわないことが大切です。不動産会社に行く際には事前にアポをとって、実際に店舗に足を運ぶ時には条件に合った物件をピックアップしてもらいます。それをしてもらえていない場合は良い会社とは言えません。また、設備の有無や料金に関して曖昧な回答をする担当者も信頼出来ないので、自分の中で許せる部分と許せない部分を決めておいて、依頼すべき人物ではないと判断すればすぐに会社を変えることが大切です。

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.