アメリカの賃貸物件事情について

賃貸で火事の時に人が移動する経路を家事動線といって、その距離が短ければ無駄なく動き回れることにいなる

アメリカの賃貸物件事情について

賃貸で家事動線は大事になる

賃貸で家事の時に人が移動する経路を家事動線といって、その距離が短いほど無駄なく動き回れて、家事もスピードアップできます。そしてキッチンと廊下を行き来できる2WAYなら各居室にも移動しやすく、キッチンやユーティリティ・洗面室などを隣接させた3WAYならいくつもの家事を同時進行させられるでしょう。そして、キッチン内は下ごしらえ〜ごみ処理〜調理〜盛り付け〜配膳〜片付け〜ゴミ処理〜食器の収納といった作業手中に合わせ冷蔵庫〜シンク〜調理台〜コンロ〜配膳代〜食器棚の順にならべてあれば効率的です。そして、冷蔵庫やシンクやコンロを結ぶ動線は正三角形に近いほど作業しやすく、3辺の合計が360〜600センチの範囲なら疲れにくいといわれています。

そして、洋服やバッグや靴にアクセサリーなどの衣料品や本屋CDなどやいろいろなコレクションなど、持ち物がいっぱいのカップルならたっぷりの収納スペースが最優先ですが、一般のマンションの収納率は専有面積の5〜7%といわれていますが、ウオーキングクローゼット、シューズインクローゼット、サービスルーム、廊下の壁面収納などを設けた収納率10〜15%の物件もあり、持ち物が多めでもだいたい8%以上あれば整理しやすいです。

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.