アメリカの賃貸物件事情について

賃貸選びでは周辺環境も重要な基準になります。特に一人暮らしなら、治安の良いエリアを選ぶようにすべきです。

アメリカの賃貸物件事情について

一人暮らしの賃貸選びは治安重視を

賃貸の物件選びの際、周辺の環境を重視する人が少なくないと思います。コンビニや24時間営業のスーパーがあれば生活は便利な反面、夜中に若者がたむろする可能性も高く、利便性と治安の良さを両立させることは簡単ではありません。そうかといって、周囲に生活に必要な施設が何もないような閑静なエリアは痴漢やひったくりなどが心配です。そこそこ便利でそこそこ治安が良い、そんな場所が理想ですが、一番難しい条件かもしれません。

一人暮らしをするための賃貸選びなら、やはり治安の良さを優先すべきだと思います。家に誰もいない時間が長いわけですから、空き巣被害が多い地域は極力避けたいものです。しかし空き巣は単身者向け賃貸が狙いやすく、場所に関らずファミリー向けに比べるとどうしても狙われる傾向がありますので、セキュリティ対策がされている物件を選ぶことも重要です。最近は建物周辺に監視カメラを置いているマンションもあります。たとえダミーであっても効果はあります。近くにコンビニやファミレスがあれば、一度深夜に偵察しておいたほうが良いでしょう。帰宅時間が遅くなる可能性がある女性なら、駅から物件までの道のりも要チェックです。痴漢注意などの看板があれば、過去に出没している可能性大です。

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.