アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件を借りる前に、実際の住宅を確認する際にチェックしておきたいポイントについて説明いたします。

アメリカの賃貸物件事情について

賃貸物件内見時のチェックポイント

賃貸物件を契約する前に実際に現地を確認する内見という機会を設けるようにしましょう。内見をしないで契約し、後から困った状況にならないようにするのが、ここでの目的となります。まず、仲介してくれた不動産会社の担当者の人柄をチェックしましょう。いざ賃貸物件で困ったことがあった場合に親身に相談になってくれるかどうかがポイントです。次に物件の管理面をチェックします。借りる住戸内がいくら綺麗でも、エントランスや廊下などが汚れていては治安面で不安がありますので、管理が行き届いているかを十分にチェックしましょう。

続いて室内のチェックポイントです。壁を少し叩いてみて軽い音か重い音かを判断し、担当者に防音性はどうなのかを確認しておきたいです。壁の防音性が悪いと隣の生活音や、自分の部屋からの生活音による騒音トラブルが発生する可能性が高くなりますので、要チェックです。また収納の量を確認することも重要です。自分の荷物が確実に収まるかどうかを、メジャーなどで現地を測って確認しなければなりません。また収納部分は普段隠れているために、意外と確認漏れの対象になりがちです。換気状態が悪いのでカビが生えていたりするケースが多いので、しっかり確認しましょう。

その他気付いて疑問に思ったことは担当者に質問し、しっかり回答を得ることが重要です。またその際のやりとりを記録に残すことは退去時に言った言わないのトラブル回避のために役立ちますので、作成しておくことが肝要です。

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.