アメリカの賃貸物件事情について

空き家の増加問題に対応させるために行政が個人の戸建て住まいを賃貸流通させるためのガイドラインを整備したこと

アメリカの賃貸物件事情について

個人の戸建て住まいを賃貸流通させるためのガイドラインとは

少子高齢化などの加速化や固定資産税のルール問題などで全国的に問題となっている空き家の増加は全国には個人所有の家だけで約数十万件もあるとされています。そのような放置された建物は管理する人がいないために家自体の老朽化をさらに加速化させるばかりか無人状態につき防犯や防災上の問題となってきています。そのためこれらの空き家を何とかしようと一部ではそれを賃貸用の住まいにできないかと考えている人もいたりします。ですがかつて住んでいた空き家を賃貸に転用するにはそのノウハウを有していない所有者も多くかつ運営を円滑にするためのガイドラインも整備されていませんでした。ということでこれらの問題の解決を進めるために最近になって国土交通省があるガイドラインの整備に乗り出しました。

そのガイドラインの整備とは「個人住宅の賃貸流通の促進に関する検討会」という名称で報道関係者に公表されました。その検討会での報告書では空き家を活用してもらうことを促進させるために課題の1つとなっている老朽化した箇所の修繕を従来だと貸主負担だったところ、貸主が周辺相場より安く家賃設定する代わりに、修繕は行わないでそのまま貸し出して借主負担で修繕などを行う借主負担型の契約をできるようにしたりするようになりました。今後はこれのルールがあることをもっと多くの人に周知させて借主と貸主の間でトラブルにならないための周知広報の推進を徹底させる必要があります

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.