アメリカの賃貸物件事情について

初期費用がかからない賃貸物件は、違約金の発生基準が厳しく設定されている可能性があるので必ず確認します。

アメリカの賃貸物件事情について

初期費用がかからない賃貸物件を選ぶ場合はここがポイント!

賃貸物件を借りる際には、家賃だけではなく初期費用がかかります。不動産会社に支払う仲介手数料は家賃一ヶ月分で、敷金と礼金は家賃二ヶ月分が相場です。ただし、これは全ての初期費用がかかる場合に限ります。現代では全てを相場通りに請求してしまうと、入居者が中々集まらないので値引きしていることが多いです。仮にこれだけかかる場合は初月家賃六ヶ月分も支払うことになります。家賃7万円であれば42万もの資金が必要になります。

敷金は退去時に残りを返還されるので、礼金と仲介手数料が安い物件を探すことが大切です。敷金と礼金がかからない物件は多く存在しますが、そういった物件を選ぶ時には注意すべきポイントが存在します。安いからという理由だけで選んでしまうとあらゆる点で不便を強いられる可能性があります。こういった物件は築20年以上の中々入居者が集まらない人気が無い物件に見られます。こういった物件は違約金の発生やその金額がその他の物件に比べて厳しい傾向にあります。通常は契約期間が満了していなくても、事前告知をすれば引越しは可能ですが、この場合は違約金が必ず発生する場合があります。これは契約書に記載されているので、よく確認して納得した上で契約することが大切です。

Copyright (C)2017アメリカの賃貸物件事情について.All rights reserved.